教育の特長

日大三島10の特長

総合大学付属校ならではの 多彩な進路

夢の実現を全力でサポート

16学部87学科を擁する日本大学をはじめ、国公立大学や難関私立大学に対応した進路対策講座を数多く行い、多彩な進路に対応しています。

きめ細かな進路指導

社会で必要な主体性と発信力を育てる ICT教育

双方向型コミュニケーション

他校に先駆け、全校生徒に1台ずつタブレット型多機能情報端末を配布し、双方向型の学習活動を実現することで授業への理解度が深まります。

ICT教育


IT技術をさまざまな場面で活用する

本校ではタブレット端末を1人一台持っています。授業はもちろん、クラスや部活動などその活用は多岐にわたります。これまではできなかった授業ができるようになり、クラスでは情報を簡単に共有できることで、お互いのコミュニケーションが円滑に進みます。部活動でも競技力向上のためのツールとして活用しています。


未来に必須となる力

知的好奇心や学ぶ意欲、また自ら学び判断する力が将来ますます求められます。これらの力はただ単にタブレット端末を持っているだけで身につくものではありません。上手に活用することでタブレット端末は時間や場所を超越して、自らの知的好奇心や学びの欲求に応えてくれるものなのです。

三島から世界へ視野を広げる グローバル教育

国際クラスを設置する本校ならではの海外研修プログラムを実施。学内外で異文化を体験し生きた英語に触れることで、大きく視野を広げることができます。

語学力の向上

大学での学びを体感できる 高大連携教育

日本大学国際関係学部の講義の履修、国際理解講座の受講など、学部併設校ならではのメリットを活かして大学での学びを体験できます。

充実したサポート体制

課題を発見し、表現する 発信力を鍛える授業

「相手に伝える力」「自己を表現する力」が身につくプレゼンテーションに関する授業を実施して、 社会人として必要な発信力を鍛えます。

発信力を鍛える授業

伝達能力が格段に向上

自らの意見を発表し、その意見を相手に理解・納得してもらう技術は、もはや高校生の必須スキルとなっています。タブレット端末は情報の収集、共有が簡単にでき、資料の作成も手軽にできるツールです。これまでハードルの高かったプレゼンテーションが、容易にでき、その分中身の充実したプレゼンテーションが可能になりました。

一人ひとりの可能性を引き出す 3つのクラス

同窓生は50,000人以上 様々な地域から集う友人とのふれあい

神奈川県、静岡県中部、伊豆など様々な地域から約2,000人もの学生が集います。多様な友人とかけがえのない3年間を過ごすことができます。

様々な地域から集う友人とのふれあい

全校をあげた 英語検定試験受験

実用英語能力検定試験 合格者数(平成30年3月現在)

準1級 2級 準2級
10名 158名 440名

実用英語能力検定試験においては、高校卒業時点で2級以上の取得を目標に、1年次より英検対策講座を設けています。

学校生活を支える 抜群の環境

広大な人工芝グラウンド!

総合体育館「桜アリーナ」、人工芝と全天候型400mトラックを備えた陸上競技場・サッカー場、59,000冊の蔵書を抱えた図書室など学校生活をサポートする環境が整っています。

抜群の環境

バリエーション豊かな 40種類の部活動

設備や活動環境が整っていることも本校ならではの魅力。多くの生徒が文武両道を実現し、様々な部活動で活躍しています。

充実したサポート体制