特別進学クラス

日本大学難関学部・国公立大学及び難関私立大学へつなぐ

 目標に見合った学習習慣の確立

 応用力・活用力が身につく高度な学び

 全国模擬試験や検定試験で実力の把握

進学状況 特別進学クラスの合格者数(平成30年度卒業生)

国公立大学

私立大学

大学入試が変わります!

~高大接続改革~
知識偏重から知識活用に

2021年度から大学入試センター試験は、「大学入学共通テスト」に変わります。 今までは、マーク式の客観問題のみでしたが、新テストでは、国語・数学で記述を導入し、 英語は検定試験を活用して4技能(話す・聞く・読む・書く)を測定するものとなります。 「知識・技能」はもちろんのこと、「思考力・判断力・表現力」を重視した試験となります。 さらには、試験の名称も変わります。

いずれの試験も学力の3要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」は 欠かすことができません。共通テストでは、「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」が評価の中心となります。 さらには、調査書から「自主性・多様性・協働性」に関する点も評価されます。 これらの要素をバランスよく学ぶことが、未来を創りだす大きな要因となります。高大接続は、大きな転換期を迎えています。

3年間の流れ

(平成30年度3年生のものを参考にしています)