21世紀型の学び

21世紀型の学びとは

社会の変化が激しい時代と言われる現在、学校教育は社会との 関わりが重視され、これからの社会に必要とされる力を育むことが求められています。「知識の詰込」から「知識の活用」の時代へ。
 本校では「なぜ?」という疑問と向き合うことや「気づき」を大切にすることが重要であると考えています。「総合的な学習の時間」「道徳」「特別活動」「学校行事」などの学びは、社会との関わりを大切にした深い学びの入口であり、学習意欲を育むことにつなげてい ます。このような学びを「21世紀型の学び」と呼び、中学校段階からICT×探究型学習の実践の中で、課題発見力・課題解決力・プレ ゼンテーション力(伝える力)・チームワーク(協働力)・コミュニケーション力といった力を身につけることができるように、また未来の創り 手となるために必要な力を育んでいます。
 国際社会では調整力の高さが評価されている日本人。日本大学三島中学校では中高一貫6カ年の教育で、国際社会において指導的な立場でリーダーシップを発揮する人材を育てる学びを展開します。

21世紀型の学び
ICTを活用した探究型学習の実践

「学び」から未来を創り出すチカラをつける!

長坂 綾子先生

昨年、(株)Z会が取り組む「未来の教室」実証事業(経済産業省)の実証校として、「食」をテーマとした探究活動 を行いました。生徒はそれぞれ課題を設定し、オンラインの協働学習等を通して課題解決に取り組みました。 この活動のねらいは、課題発見力・設定力・解決力を身につけることと、ICTを駆使しながら探究し、様々な方法で発信する 機会をもつことです。生徒たちは課題解決の中で、普段バラバラに学習している教科の学びが関連していることを感じ、それらを融合することで解決につながり、なおかつワクワクするような発見がもたらされるという経験をしました。進めれば進めるほどに学びが広がり、予想外の展開に困惑 しながらも解決に向けて楽しむ様子が見受けられました。
 「学ぶ」とは、未来を創り出す力をつけていくこと。何が必要かを考え、行動することができなければ未来への一歩につながりません。探究活動により学びのサイクルが次々と生み出されました。そして、ICTを活用し、仲間と協働す ることで伝える力や相手の意見を受け入れる力も身につきました。こうした活動を重ねることで没頭する楽しさを覚え、 その先へ自ら進もうとする充実感をもった学びをこれからもめざします。(長坂 綾子 先生)

在校生の声

勝又 結さん(裾野市立須山小学校出身)

未来を見据えたタブレット端末の活用
「多くの人とつながり、自分の表現力・発信力を高めていく」

中学3年 勝又 結さん (裾野市立須山小学校出身)

学校生活の中で、タブレット端末を通して様々な人に自分の伝えたいことを伝える機会が多くありました。昨年Z 会と一緒に「食」に関する探究学習を行った際は、タブレット端末のアプリを通じて、生徒とZ会の先生が意見を出し 合い活発にセッションすることができました。一人で考えるよりもより幅広く考え、取り組むことができました。発表の 場ではタブレット端末を使用し、スクリーンに画像を投影しながらプレゼンテーションをしたことで、より自分の思いを伝えることができました。これからも多くの人とつながり、 自分の表現力・発信力を高めていきます。

酒井 凜子さん(沼津市立金岡小学校出身)

リーダーシップ×フォロワーシップ
挑戦することの大切さ

中学3年 酒井 凜子さん (沼津市立金岡小学校出身)

練習では、どう表現すれば指示がうまく伝わるのかという点に難しさを感じました。先生や生徒会からのサポート があり、仲間と協力して考えたことでよりよい指導につながり、体育大会で練習の成果を披露できました。ソーラン節団長 を務めた経験を通じ、挑戦しないで後悔するよりも、思い切って挑戦することが大切だと感じました。