各教科の取り組み

英語

社会に出てからも役立つ英語学習の基礎と受験対策を含めた応用力の育成

英語・資格取得者数

ネイティブ講師と日本人教師とのチーム・ティーチング(T.T.)の授業、英会話の目的は英語に慣れることです。四技能(聴く・話す・読む・書く)の育成を重視し、英語に対するポジティブな姿勢をつくります。また通常の英語の授業では文法指導を中心に実施します。中高一貫校用のテキストである「NEWTREASURE」を教材とすることで、より高いレベルの学習を目指しています。

英語・資格取得者数

数学

数学

習熟度別の少人数授業できめ細やかな対応

習熟度別による少人数の授業を実施しています。それぞれのペースに合わせたきめ細やかな指導により、生徒の理解が深まります。中高一貫用のテキストである「体系数学」を教材とすることで、よりレベルの高い学習を目指しています。また、効率的な学習により3年生の2学期から高校数学を学んでいきます。

国語

国語

自分の言葉で表現する能力を養う

グローバル人材の育成を念頭に置き、日本語の基本的な言語力の育成や、他者の主張を聴き理解しその上で論理的で的確な言葉で自己を表現する力を養います。2年生から古典(古文・漢文)に取り組み、高校の領域の内容を先取りします。古典作品を読める力を身に付け、日本の文化・伝統を学びます。

理科

理科

実物に触れ、自然観を養う

講義形式の授業だけではなく、実験や自然観察など体験を重視した授業を展開しています。実験では、自然観を養い、実生活と関連づけ、できるだけ実物に触れながら、興味関心を高めています。また、その結果をもとにしたレポート作成や発表を通して論理的思考力を養います。

社会

社会

社会事象に興味・関心をもって、現在の課題を見つける

激動の21世紀という時代にグローバルな視野をもって活躍できる人材となることを目標に学びます。調べ学習も重視し、自ら課題を見つけ、資料の収集・考察・レポートの作成またはプレゼンテーションによる発表まで行い、社会に出ても通用する力を確認します。

社会