現役合格者インタビュー

平成31年度入試 現役合格者インタビュー

現役合格者

東京大学 教育学研究科・教育学部

田之倉 芽衣さん (日大三島中学校出身)  特別進学クラス出身

【Q】東京大学を目指した理由を教えてください

【A】高校2年の時に先生から東京大学(以下、東大)を勧めていただき、東大について調べはじめたことがきっかけです。
やりたいことが定まってからは、さらに東大の教育学部に魅力を感じるようになり、目指すことを決めました。

【Q】志望大学合格までの道のりで大変さをどう乗り越えましたか?

【A】高校3年の桜陵祭後から本格的に受験勉強をはじめました。私は東大の推薦入試を受験しましたが、一般入試も視野に入れて受験勉強を進めました。もともと人と話すことが好きなので、周りがしゃべっていても勉強に集中しなければならず、最初は辛く感じることもありました。また、私大の合格発表が出るまで不安な気持ちもありましたが、一緒に勉強していた特進クラスの人達や先生に話を聞いてもらい、乗り越えることができました。

【Q】東大に合格した勝因は?

【A】推薦入試では、「卓越性・多様性・潜在性」の3つの募集要件がありました。私は人より卓越した経歴や経験を持っていたわけではないので、私の将来やりたいことや自身の将来像に対して、潜在性を評価していただけたのかなと、感じています。
また、推薦のための準備においても、一般入試に向けた勉強においても、先生方の熱心なサポートがあったからこそ頑張れたと思っています。推薦入試の2次試験である面接の前日にも、先生からメールで激励の言葉をかけていただき、とても心強かったです。
一般入試の対策としては、特進クラスは10月から特別時間割という形の授業形態になり、志望校に合わせた問題の配布や個別相談にも対応していただきました。国語は東大の現代文の過去問を10年分解き、生徒同士お互いの答えを見ながらディスカッションをしました。東大の現代文はすべて記述で、それを解くために必要な思考力や文章の読み方などを身に付けることができました。

【Q】日大三島で一番印象に残っている思い出は?

【A】生徒会長としての経験です。
生徒会長になる前は副会長でしたが、会長になると責任が重くなり先頭に立つことも多くなりました。そのため周りをまとめる力だけではなく、場の雰囲気を良くし、計画を立てて物事を進める力を身に付けることができ、その力は受験においても役立ちました。

【Q】あなたにとって日大三島とはどんな場所ですか?

【A】私の力を引き出してくれた場所です。

【Q】将来の目標を教えてください

【A】教育に携わりたいです。
東大の1~2年で教育学部として様々なことを幅広く学ぶため、哲学や人文学など教育につながるような学問を学びたいと考えています。
教員も現場を知るという意味で職業の選択肢の一つですが、教育を学んだ後、もう一歩踏み込んで教育を変えていけるような仕事を目指したいです。

【Q】後輩へのメッセージをお願いします

【A】自分がやりたいと思ったことに積極的に挑戦してみてください。
私は先生から勧められて生徒会の活動をはじめましたが、自分が楽しかったから続けられたし、結果的に受験にも役立てることができました。
生徒会だけではなく、部活や課外活動、留学など色々あると思うので、好きだと思ったこと、興味があることには挑戦してほしいです。

現役合格者

慶應義塾大学環境情報学部環境情報学科

依田 絃希さん (日大三島中出身)  進学クラス出身

【Q】志望校合格の勝因は何だと思いますか?

【A】受験勉強という枠にとどまらず、生活態度や行動をブラッシュアップし合格に繋げるためにできる事に全力で取り組みました。大きな壁であった面接対策では色々な先生方にアドバイスをいただきました。私のために学校一丸でバックアップをしていただいたことは大きな力になり、試験当日は自信を持って臨むことができました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】受験期間は自分にとってプラスになること以外は聞き流すことも時には必要だと思います。志望校を決めたら自分を信じて、意地を持って簡単に諦めずに挑戦することが大切だと思います。

現役合格者

早稲田大学創造理工学部総合機械工学科

澤口 彩さん (真鶴町立真鶴中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の夏。私は将来ロボットの開発に関わりたいと考えているため、その分野の研究が盛んな大学への進学を希望していました。早稲田大学の教授の研究に興味を持ち、研究者の世界進出に積極的であるところに魅力を感じ早稲田大学を志しました。

【Q】日大三島で良かったと思うことは何ですか?

【A】先生方のサポートが手厚い点です。授業やテストで分からないことがあり度々先生のところへ行くと、分かるまで教えてくださいました。進学先の相談や面接の練習など、3年間日々の勉強から受験まで本当にお世話になりました。

現役合格者

信州大学工学部電子情報システム工学科

年川 航平さん (長泉町立長泉中出身)  特別進学クラス出身

【Q】日大三島で良かったと思うことは何ですか?

【A】先生方が様々なことに対応してくれたことです。土日は自習室として開放された教室を活用しました。受験前は毎日のように面接練習や問題対策をしてくださり、先生方の受験に備えた様々な工夫に感謝しています。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】志望する大学や学部は1年の内から決めておいた方が良いと思います。また、テスト前に関わらず、日々勉強を積み重ねる習慣が将来的に役立つと思います。受験への姿勢は3年になってからでは遅いです。スタートダッシュは誰よりも早く切れるようにしてください。

現役合格者

国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科

山口 真生さん (日大三島中出身) 軽音楽部  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校2年。入学後に専攻を選べるということ、英語を学ぶだけでなくツールとして使いながら専門分野を学習できる環境に魅力を感じ、国際基督教大学を志望しました。

【Q】部活動との両立で工夫したこと、苦労したことを教えてください

【A】部活動に加え生徒会活動もしていたため、自宅で勉強時間の確保が難しかった時期も多くありましたが、学校の授業に集中し、効率よく学習したことが志望校合格に繋がったと思います。

現役合格者

筑波大学情報学群知識情報・図書館学類

内田 彩水さん (日大三島中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の夏。中学生のときから本に関わる仕事に興味がありました。3年の夏に担任の先生に相談したときは、厳しいだろうと言われましたが、諦めずに推薦入試対策を続けました。

【Q】学校生活や受験勉強の思い出について教えてください

【A】合格したときはただただ「諦めないで良かった」と思いました。周りと違う時期に入試を受けること、違う勉強をすることに不安はありましたが、周りの人々に支えられ勉強を続けた結果だと思います。特に3カ月間小論文でお世話になった先生は、中学生のときからお世話になっている先生で、泣いて喜んでくれたことが嬉しかったです。

現役合格者

上智大学文学部英文学科

赤羽 璃久さん (長泉町立長泉中出身) 応援部  国際クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の9月。多くの外国人留学生が学び、英語教育に力を入れている上智大学の環境は、「日本の魅力を人々へ伝えたい」「世界中の貧困の人々を救いたい」という将来の夢を叶えられると思い、志望校に選びました。

【Q】部活動との両立で工夫したこと、苦労したことを教えてください

【A】勉強と部活動の間で常に切り替えをしっかりとするように意識しました。部活中は集中して活動に取り組むようにし、活動が終わったらなるべく早く帰宅して勉強の時間を確保するようにしていました。

現役合格者

立教大学 社会学部 社会学科

野中 晴亜さん (沼津市立第三中出身) ダンス部  特別進学クラス出身

【Q】志望校合格の勝因は何だと思いますか?

【A】私は塾に通っていなかったのでiPadの授業動画を最大限活用し、授業中聞いたことはすぐノートにメモするなどの工夫をしました。分からないことをすぐ聞くのではなく自分で調べる必要があったため、その環境がより理解を深めたのではないかと思います。

【Q】部活動との両立で工夫したこと、苦労したことを教えてください。

【A】ダンス部の公演とテストの時期が重なり大変な時もありましたが、その焦りが逆にエネルギーとなり成績が上がりました。先輩からいただいた受験のアドバイスや部活での友達との関わりが私には良いモチベーションを維持する核となりました。

現役合格者

日本大学 理工学部 航空宇宙工学科

御宿 史也さん (裾野市立富岡中出身) 陸上競技部  進学クラス出身

【Q】志望校合格の勝因を教えてください

【A】限られた時間の中で部活と勉強の両立を目標に生活してきました。自分の中で、これだけ頑張っているのだから、絶対に上位を取って志望校に合格するという強い思いを持ち、自分を奮い立たせました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】受験は個人戦ではありません。先生方、両親など陰で支えてくれている人は必ずいます。少し気持ちに余裕を持ち、周りで支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、志望校合格という結果で恩返しをしてください。

現役合格者

日本大学薬学部薬学科

平川 博一さん (沼津市立第四中出身)  進学クラス出身

【Q】志望校合格の勝因は何だと思いますか?

【A】周りの先生方や友人の助けもあり、受験勉強のラストスパートをかけることができた点だと思います。ラストスパートをかける際に家では気が緩んでしまうので、塾など同じように頑張っている人達がいる環境で勉強に取り組むことで気も引き締まり、より一層勉強に力が入りました。

【Q】日大三島で良かったと思うことと将来の夢を教えてください

【A】内部進学という道を選択出来たことです。大学に進学した後は、薬学部での勉強を頑張り、人々の役に立てる薬剤師になりたいです。

現役合格者

日本大学生物資源科学部動物資源科学科

澁谷 圭亮さん (沼津市立金岡中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の夏。動物に興味があったので体の構造や成り立ち、起源など根本的なことを学びたいと思い生物資源科学部動物資源科学科を選びました。将来はまだ明確に決まっていませんが、動物保全関係の仕事をしたいと考えています。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】「これ、やりたくないな」と思う自分が苦手なところは早めに片付けてしまいましょう。全ては、未来の自分のためです。

現役合格者

日本大学経済学部経済学科国際コース

杉山 梨々花さん (伊豆の国市立韮山中出身) 英語部  国際クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の夏休み中。経済学部経済学科は世界の17大学と連携しているため、国際交流が盛んであることに魅力を感じ選びました。大学で留学を経験し、将来は夢であるファッションブランドを立ち上げ、留学で養った国際感覚をビジネスに生かしたいと思っています。

【Q】志望校合格の勝因は何だと思いますか?

【A】亀のように日々コツコツと努力をすることが大切です。勉強し過ぎてしまうことでストレスになってしまうので時間のバランスを意識しました。常に良い成績を残そうと定期テストなどに力を入れることも重要だと思います。

現役合格者

日本大学文理学部英文学科

上田 彩乃さん (沼津市立第一中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の2学期。 英語を話せる人に憧れて、将来英語を使う職業に就きたいと思うようになり文理学部英文学科を志望しました。日本への外国人観光客が年々増えている今、英語を通して多くの人の役に立つ仕事に就くために頑張ります!

【Q】学校生活や受験勉強の思い出について教えてください

【A】志望校を決定するにあたりギリギリまで悩んでいた時に、先生方にはたくさん相談にのっていただきました。放課後は質問にも丁寧に答えてくださり、とても感謝しています。授業後や休日は友達と一緒に勉強したことで、教え合ったり励まし合って乗り越えることができました。

現役合格者

日本大学文理学部国文学科

前田 滉太さん (三島市立南中出身) ゴルフ部  進学クラス出身

【Q】学校生活や受験勉強の思い出について教えてください

【A】本格的に勉強をはじめたのは部活を引退した6月半ばでした。部活やクラスの仲間と互いに教え合い、鼓舞していく中で掴んだ合格だと思います。日大三島に来て、人の支えがあって今の自分がいることを改めて教えてもらいました。大学進学後は支えてくれた人たちを裏切らないためにも、夢を叶えるために頑張りたいと思います。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】もっと勉強すれば良かったと思わないように、どんなに少なくても良いので今から勉強する癖をつけてください。進路で迷ったり勉強する気が起きない時は、自分がこの先何をしたいのか、将来の自分を想像してみることが大切だと思います。

現役合格者

日本大学危機管理学部危機管理学科

小松 聖海さん (三島市立北上中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校1年の夏。 小さい頃から漠然と公務員になりたいと思っていました。そんな時に祖父が消防士だと知ったことで消防士に憧れるようになり、そのことについて学ぶことができる危機管理学部に入りたいと強く思いました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】これから忙しくなり日々の努力が身を結ぶ時期となっていくと思います。悔いの残らない受験にしてほしいと思います。

現役合格者

日本大学生産工学部建築工学科

松岡 大輝さん (小田原市立城南中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の4月。親戚が建築業をしていたため幼い頃からその姿を見ることが多く、憧れがありました。進学先はインターンシップが充実しており経営の部分も学ぶことができるため、より実践的な総合力を身に着けることができると思い志望しました。

【Q】志望校合格の勝因は何だと思いますか?

【A】日大三島では受け身ではなく自ら学ぶ姿勢の大切さを知りました。先生が手厚く授業外でも分からないところを教えてくれました。図書室で自習をし、積極的に分からないところを先生に質問するように意識したことが、合格できた要因の1つだと思います。

現役合格者

日本大学経済学部経済学科

新井 直也さん (沼津市立門池中出身) 陸上競技部  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の4月頃。将来は被災地の復興支援、経済学の視点から政策の立案ができる人材として活躍したいと考えています。ゼミナールの多さと、6つのプログラムから自分に合ったものをより専門性を高めて学ぶことができる日本大学経済学部経済学科を志望校に選びました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】自分は陸上競技部で活動していたので、短い時間の中で集中して勉強に取り組むようにしていました。今の時点では志望校が決まっていなくても、3年になってから勉強に力を入れるのではなく、1年から学校での授業を大切にして積み重ねていくことが重要だと思います。

現役合格者

国際医療福祉大学小田原保健医療学部理学療法学科

細井一久人さん (沼津市立門池中出身) 陸上競技部  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】高校2年の夏。部活動がきっかけで理学療法士に興味を持ち進路を大きく変更しましたが、担任の先生、部活動の顧問の先生など様々な方が支えてくださり、目標に向かって勉強に専念することができました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】毎日勉強して積み重ねることが大切だと思います。早くから始めると後になって結果として出てきます。初めは毎日やることが大変だと思いますが、やっていて良かったと必ず感じると思います。

現役合格者

東京工科大学医療保健学部臨床検査学科

早川 結衣さん (沼津市立門池中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期と選んだ理由を教えてください

【A】中学2年生の時に臨床検査技師になりたいと思い、たくさんの大学のオープンキャンパスに参加して高校3年生の時に進路を決定しました。 進学先を選んだ理由は、最新機器を使用し最先端の医療技術を学ぶことができ、学習面のサポートも充実しており、この学校でしか受けられない教育がある点です。

【Q】志望校合格の勝因は何だと思いますか?

【A】受験の前は毎日放課後に残って勉強をし、分からない部分は先生や友達に質問しました。先生方も受験の相談を親身に聞いてくれたため、受験で困ることはありませんでした。 受験時は事前準備をしっかりと行い、笑顔と目線、自己アピールを心がけ、聞かれたことにしっかりと答えるようにしました。

現役合格者

大妻女子大学家政学部被服学科

大沼 瑞希さん (長泉町立長泉中出身) 水泳部  進学クラス出身

【Q】学校生活や受験勉強の思い出について教えてください

【A】AO入試の資料の作成や面接の練習は苦労しましたが、なぜその大学に行きたいのか、将来何をしたいのかを深く考えることができ、自分自身と向き合う良い機会になりました。何度も励まし背中を押してくれた家族や多くのアドバイスを下さった先生方、友人など本当に多くの人の支えがあり志望校に合格する事が出来ました。その方々への感謝を忘れずに大学生活も有意義なものにしたいです。

【Q】部活動との両立で工夫したこと、苦労したことを教えてください

【A】両立と聞くとすごく大変なイメージがありますが、泳ぐことで気持ちが晴れたりストレス解消にもなっていました。水泳を続けていなければ勉強にこれほど打ち込むことはできなかったと思います。

現役合格者

玉川大学教育学部教育学科

石井 美嘉さん (清水町立清水中出身) テニス部  進学クラス出身

【Q】学校生活や受験勉強の思い出について教えてください

【A】私は部活動をやっていたので、いかに効率良く勉強できるかを考えました。いつも熱心に指導してくださった先生方、一緒に切磋琢磨し支えてくれた仲間の存在はとても大きかったことを実感し、心から感謝しています。部活動にも勉強にも全力で取り組むことができた日大三島に入学して本当に良かったと思っています。

【Q】部活動との両立で工夫したこと、苦労したことを教えてください

【A】私はテニス部の部長として部活動に励んできました。毎日夜遅くまでの練習・遠征と時間がなかったため、朝早く学校に行って勉強する時間を作ったり、テストまでの日にちを逆算して計画を立て、常に自分を追い込んで勉強していました。