現役合格者インタビュー

平成30年度入試 現役合格者インタビュー

現役合格者

静岡県立大学 薬学部 薬学科

森島 安美さん (日大三島中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の夏。100年以上もの歴史がある伝統校であり、国家試験合格率が高く、就職においても幅広い選択ができるというところに魅力を感じました。

【Q】日大三島で良かったと思う点は?

【A】先生を通じて、静岡県立大学薬学部に通われている4つ上の一貫の先輩が入試のアドバイスをしにわざわざ来てくださったことがとても心強かったです。一貫生の縦のつながりを改めて感じ、日大三島に入って本当に良かったと思いました。

現役合格者

静岡県立大学 看護学部 看護学科

長田 結希さん (裾野市立西中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校1年。私は将来、人々の病気の予防や健康増進の手助けをする保健師として働きたいと考えています。そのため、幅広い視野で物事を見ることができる総合大学で、地域に深く関わりながら学べるこの大学を選びました。

【Q】志望校合格の勝因を教えてください

【A】推薦入試を意識していたので、1年生の頃からどの教科も手を抜かず、定期テストの勉強に力を入れてきました。その結果、基礎学力をつけることができ、志望校合格に繋がったと思います。

現役合格者

早稲田大学 教育学部 英語英文学科

林田 美学さん (日大三島中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の7月。私は以前からアナウンサーという職業に就くことを目標に、中学から6年間日大三島の放送部で活動してきました。高校3年の夏、念願であった全国大会で優勝し、この結果を生かして早稲田大学に進学することを志しました。先生方の手厚い指導やサポートのおかげで無事に合格することができました。

【Q】将来の夢や目標について教えてください

【A】大学では英語英文学科で英語を専門的に深く学び、将来は国際社会で活躍できるアナウンサーになることが目標です。

現役合格者

早稲田大学 創造理工学部 環境資源工学科

片山 亜南さん (日大三島中出身)  特別進学クラス出身

【Q】受験勉強で大変だったことや思い出に残っていることは?

【A】私は高校1年まで部活と勉強を両立していましたが、自分の成績と能力を考え、部活を1年で辞めることを決断しました。本格的に受験勉強を始めたばかりの頃は思うように成績が向上せず辛い時期もありましたが、友達や先生のサポートを受けて頑張り続け、成績を上げることができました。私は英語が苦手だったので、1番に英語を勉強し、徐々に楽しく感じるようになりました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】志望校は早めに決めた方が良いと思います。そのためにも自分が大学で何を学び将来何をしたいか具体的でなくても良いので考えておくと良いと思います。あとは何が何でもこの大学に行きたいという思いがあれば勉強に対するモチベーションが上がると思います。

現役合格者

信州大学 工学部 水環境・土木工学科

三ツ石 裕飛さん (裾野市立西中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の10月。私は将来、社会基盤の維持管理・運用に携わる職に就きたいと考えていたため、土木工学科への進学を希望しました。また、私が興味を持っている分野を幅広く学ぶことができる上、キャンパスや街の雰囲気も良かったので信州大学を受験しました。

【Q】受験勉強で大変だったことや思い出に残っていることは?

【A】日々の勉強では基礎的な部分を特に大切にして、入試本番には「普段と同じ様にやる」ということを心がけて臨みました。そして、進路の相談や面接練習といった先生方の丁寧で強力なサポートのおかげで、無事に合格することができました。また修学旅行や桜陵祭などの行事は常に全力で楽しむことができ、毎日が充実した最高の高校生活になりました。

現役合格者

日本大学 生物資源科学部 獣医学科

菅原 渚さん (日大三島中出身)  特別進学クラス出身

【Q】受験勉強での先生や仲間とのエピソードを教えてください

【A】私は小学生のころから獣医師を目指し、この高校に入りました。同じクラスの友達は皆真剣に勉強に励み、先生方も進学先について親身に相談に乗ってくださったので、余計なことを考えることなく勉強することができました。また、勉強に重点を置きながらも、修学旅行や桜陵祭などのイベントが豊富で、学校生活はとても充実していました。この高校に通えて良かったと心から感じています。

【Q】将来の夢や目標について教えてください

【A】将来は、高校での経験を活かしながら、広く社会に貢献できるような獣医師になりたいです。

現役合格者

昭和薬科大学 薬学部 薬学科

鈴木 佑奈さん (熱海中出身)  特別進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の10月。少人数でのグループ活動が多く、教員や学生との距離が近いことに魅力を感じてこの学校を選びました。また、自宅から通える場所にあるということも決め手となりました。

【Q】受験勉強での先生や仲間とのエピソードを教えてください

【A】高校での勉強は、よく友達とわからないところを教え合っていました。相手に説明することで自分の深い理解にもつながっていたと思います。学校生活は、勉強以外でも充実していました。部活動では気の合う友達ができ、毎日とても楽しかったです。

現役合格者

日本大学 理工学部 建築学科

勝俣 碧さん (裾野市立東中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の9月。将来の夢であるインテリアコーディネーターになるためには、建築士の資格を持っている方が有利だと考え、建築学科を選びました。また、理工学部の建築学科は長い歴史があり就職にも強いので、そこにも魅力を感じました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】進路で迷ったら勇気を出してチャレンジしてみるといいと思います。私も最後の最後まで悩み、チャレンジすることを決めました。不安はたくさんありますが、チャレンジしてよかったと思っています。

現役合格者

日本大学 薬学部 薬学科

鈴木 佑典さん (修善寺中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校1年。もともと医療系の職業に興味があり、薬剤師になりたいと思っていました。それを実現するための1番の近道だと考え進学先を選びました。

【Q】受験勉強での先生や仲間とのエピソードを教えてください

【A】夏休み中は普段の授業の時間帯に、基礎学力到達度テスト前の1ヶ月間は放課後に、学校で勉強をしていました。友達に分からないところを聞いたり教えたりして、お互いの苦手なところを少しでも克服できるように助け合って勉強しました。教科担任の先生だけでなく、1、2年生の時に教わった先生にも質問をし、たくさんの先生に助けていただきました。

現役合格者

日本大学 文理学部 体育学科

榎木 雅也さん (三島市立北中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】日本大学に行くことは1年の頃から決めていましたが、学部と学科は3年の9月まで悩みました。文理学部だけでなく法学部やスポーツ科学部にも興味がありましたが、教員免許を取りたいという目標と、体育の教師である担任の先生への憧れから、最終的に文理学部の体育学科に決めました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】3年になってから勉強するのでは遅いと思います。1年の時からやるべきことをしっかりとやり、取れる点数はきっちり取っておいた方が後々の進路決めの時に楽になると思います。

現役合格者

日本大学 経済学部 経済学科

好岡 龍太朗さん (富士市立吉原第一中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校1年の4月頃。この学部を選んだ理由は、ほかの大学にはないゼミナールの多さと、6つのプログラムの中から自分に合ったものを見つけて社会の流れについて専門的に学べるため、より一層自分の持っている知識を深めることができると思ったからです。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】毎日の積み重ねが大事だと思います。少しずつ積み重ねて理解していき、悔いのないように頑張ってください。

現役合格者

日本大学 法学部 新聞学科

梅本 佳蓮さん (御殿場南中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の春。私は将来の夢がはっきりと決まっていなかったので、大学では幅広く色々なことを学びたいと思い法学部を志望しました。その中でも少し興味のあったマスコミ関係のことを学べる新聞学科を選びました。

【Q】志望校合格の勝因を教えてください

【A】基礎学力到達度テストが近づいてくると、クラスの雰囲気も一段と引き締まり勉強しやすい環境になりました。私は毎回の授業を大切にしてなるべくその時に理解するようにしていました。とにかく問題をたくさん解いて分からないところがあったらそのままにせず先生や友達に質問をしてできるようにしていったことが合格の勝因だったのではないかと思います。

現役合格者

日本大学 法学部 公共政策学科

塩谷 空知さん (伊豆の国市立大仁中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年の夏休み。部活を引退後自分の将来について考えた時に、地元を活性化したいという目標ができ、この進路を選びました。

【Q】受験勉強での先生や仲間とのエピソードを教えてください

【A】毎日野球部での活動が終わった後は、勉強する時間も体力もあまりありませんでしたが、通学の電車の中や休み時間を利用して少しずつ勉強しました。また最後の夏休みは、友人達と学校に来て教え合いながら勉強したことで、受験勉強そのものを楽しめたと思います。

現役合格者

日本大学 理工学部 応用情報工学科

白木 陸さん (三島市立南中学出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校1年。最近の情報技術の発展には驚かされるものが多くあり、その技術についてもっと深く学びたいと考えこの学科を選びました。入学後は自分が目標としている資格を取得できるよう勉強に励んでいきたいと思います。

【Q】志望校合格の勝因を教えてください

【A】所属している部活と勉強の両立ができるように効率よく勉強を行っていかなくてはいけないと思い、授業中にしっかりと理解するよう努力しました。また受験勉強は場所を変えて行い集中力が続くように工夫し、できるだけ効率よく短時間で行うようにしました。

現役合格者

日本大学 理工学部 交通システム工学科

山中 陸さん (中郷西中出身)  進学クラス出身

【Q】学校生活や受験勉強の思い出を教えてください

【A】高校で鮮明に記憶に残っているのはテニス部での部活動です。テニスを小学校から始め、高校2年からは部長をつとめました。週6で夜8時半に部活が終わる毎日でした。部長という役職につき、これまでの経験で味わったことのない苦労や辛さがありました。しかし、それらを乗り越えたことは大きな自信となりました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】私は毎日の部活後、家に帰るとすぐに寝てしまうことが多かったのですが、毎日30分でもいいのでその日勉強したことの復習をすることが大切だと思います。

現役合格者

日本大学 理工学部 まちづくり工学科

細井 梨瑚さん (長泉北中出身)  進学クラス出身

【Q】志望校合格の勝因を教えてください

【A】授業に真剣に取り組み、2、3年4月の基礎学力到達度テストで結果を残せたことだと思います。放送部や委員会活動が定期テストが重なるなど忙しい時期もありましたが、授業中に理解するようにしていたので、テスト週間では、課題や苦手分野のみに力を入れることができ、得点アップに繋げることができました。

【Q】受験勉強で大変だったことや思い出に残っていることは?

【A】3年の夏、家では集中して勉強ができず、毎日学校へ行き勉強をしていました。仲間と一緒に分からないところを解決していき、メリハリをつけながら楽しく勉強したことが思い出に残っています。

現役合格者

日本大学 文理学部 英文学科

伊藤 カンナさん (対島中出身)  国際クラス出身

【Q】進学先を決めた時期、選んだ理由を教えてください

【A】高校3年6月の夏休み前。以前から英語に興味があり、高校2年の時に1年間オーストリアへ留学に行きました。留学中に経験したことをこれからも活かしたいと思い英文学科に進むことを決めました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】進級してからの1年間で、第一志望に合格するためにテスト形式や選択肢をより多く調べ、最後の最後まで諦めないことが大切だと思います。ギリギリまで考える時間はあると思うので、1年間頑張ってください。

現役合格者

順天堂大学 保健看護学部 看護学科

阿武野 菜那さん (沼津市立第三中出身)  進学クラス出身

【Q】進学先を選んだ理由を教えてください

【A】私には将来、地元の静岡県東部で看護師として活躍したいという夢がありました。その夢を叶えるための1番最適な大学が順天堂大学保健看護学部だと考え、志望しました。

【Q】受験勉強での先生や仲間とのエピソードを教えてください

【A】8月の中旬まで水泳部の活動をしていたため、受験勉強との両立が大変でした。担任の先生や国語の先生が様々な小論文の問題を出してくださり、添削してくださったおかげで試験に対する自信をつけることができました。また、クラスの友達が沢山励ましてくれ、面接の練習を手伝ってくれました。周りの方々のサポートがあったおかげで合格することができました。

現役合格者

拓殖大学 国際学部 国際学科

酒井 杏奈さん (裾野市立深良中出身)  国際クラス出身

【Q】進学先を選んだ理由を教えてください

【A】私は将来、空港のグランドスタッフになりたいと考えており、大学で観光業や英語を学びたいと思いました。私の進学先である拓殖大学国際学部では、カナダ観光実務研修があり、留学の制度も充実していたことから志望しました。

【Q】これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

【A】受験は勉強ばかりで嫌になることもあるかもしれませんが、自分のやりたい事をやるため、また、将来の夢を叶えるためには必要なことだと思うので、一生懸命勉強して第一志望に合格できるように頑張ってください。