よくあるご質問

  • 中学校 中学校
  • 高等学校 高等学校

中学校

入試について

入試にあたり勉強への取り組み方や問題の傾向を教えてください。
小学校の教科書を中心に基本的なことと、それを少し応用させたことを勉強してください。過去問題は書店でも購入できますが、希望があれば本校事務課(入試係)から無料で送付します。
入学試験要項はどのようにすれば手に入りますか。
日本大学三島高等学校・中学校 事務課(電話:055-988-3500)までご連絡ください。
作文はどのように行われますか。
作文はテーマを与え、原稿用紙(400字)に書いてもらいます。与えられた時間内(40分)に書けるか、指定の字数で書けるか、論旨がはっきりしているかを採点します。
面接はどのように行われますか。
出願時に、入学試験要項に添付されている「面接票」に必要事項を記入し提出していただきます。この面接票に記載されている内容に基づき、受験生と保護者同伴(2名以内)で面接を行います。受験生には、本校志望の動機や中学校生活の抱負や将来の進路希望など、保護者には、家庭での様子や教育方針などをうかがう予定です。なお、6年一貫の授業計画で指導しますので、6年間続けられる強い意志があるかを確認します。

学習について

英語学習が盛んだと聞きますが、英語は入学前から勉強した方がいいですか。
入学前の英語学習は特に必要としませんが、興味は持って欲しいと思います。入学するまでにアルファベットの読み書きや簡単な英単語が書ける程度の学習をしておくと、支障なく授業についていくことができます。

納入金について

学費はどのくらいですか。
入学金 120,000円(入学手続き時納入)
【参考】平成28年度 中学校入学生 学費等納入額
区 分 第1期 第2期 第3期 年 額
授業料 155,000円 124,000円 93,000円 372,000円
施設設備資金 62,500円 50,000円 37,500円 150,000円
図書費 3,000円 3,000円
厚生費 36,000円 36,000円
後援会費 8,000円 7,000円 5,000円 20,000円
生徒会費 8,500円 3,000円 2,500円 14,000円
諸経費 85,000円 25,000円 20,000円 130,000円
合 計 358,000円 209,000円 158,000円 725,000円
納入月 4月 8月 12月
(注)
1 諸経費には給食費・副教材費・宿泊研修・臨海学校参加費等の費用が含まれます。
2 諸経費は、卒業時に実費精算いたします。
3 修学旅行の費用は、別途積立を行います。

奨学金制度について

どのような奨学金制度がありますか。
日本大学付属中学校特待生
学業成績がきわめて優秀で品行方正な生徒は、日本大学特待生として授業料1年分相当の給付を受けることができます。
日本大学三島中学校奨学金
就学の熱意があるにもかかわらず、家計の経済的理由により学費の支弁が著しく困難となり、学業の継続が難しくなった生徒に対して、「日本大学三島高等学校・中学校奨学基金」から給付されます。
日本大学三島後援会奨学金
日本大学三島後援会は、三島キャンパスの教育・研究その他の施策の具体化に協力し、三島キャンパスの発展振興に寄与することを目的とします。本後援会からは、学業成績や運動能力が特に優れている生徒、生活困窮状態にある生徒に奨学金が給付されます。

高等学校

入試について

学力試験について教えてください。
国語・英語・数学・理科・社会の5科目を受験します。
(1) マークシート方式により解答します。
(2) 1科目の試験時間は50分です。
(3) 英語の試験には、リスニングが含まれます。
(4) 数学の出題範囲に「三平方の定理」及び「関数y = ax2」が含まれます。
HBの鉛筆・プラスチック消しゴムが必要になります。
マークシート方式の説明は、受験票に記載しますのでご覧ください。

納入金について

学費はどのくらいですか。
入学金 120,000円(入学手続き時納入)
【参考】平成28年度入学生 学費等納入予定額
区 分 第1期 第2期 第3期 年 額
授業料 155,000円 124,000円 93,000円 372,000円
施設設備資金 62,500円 50,000円 37,500円 150,000円
実験実習料 6,000円 6,000円
図書費 3,000円 3,000円
厚生費 36,000円 36,000円
後援会費 8,000円 7,000円 5,000円 20,000円
生徒会費 8,500円 3,000円 2,500円 14,000円
諸経費 51,000円 11,000円 8,000円 70,000円
合 計 330,000円 195,000円 146,000円 671,000円
納入月 4月 8月 12月
(注)
1 諸経費は、卒業時に実費精算いたします。(諸経費にはiPadレンタル料年額33,288円が含まれています。)
2 修学旅行の費用は、別途積立を行います。
3 国際クラスは、納入金の他に海外語学研修費用、留学費用が必要になります。
   (平成27年度実績:海外語学研修費用69万円、留学費用262万円)
   ※その他 国内交通費、現地制服代等別途必要となります。

就学支援金について

制度について教えてください。
就学支援金制度は、授業料の支援として「市町村民税所得割額」が304,200円(目安:世帯年収910万円程度)未満の世帯に支給され、保護者の所得により、支給額が以下のように分類されます。
通常の支給額 :月額 9,900円 年額118,800円
1.5 倍加算 :月額14,850円 年額178,200円
2.0 倍加算 :月額19,800円 年額237,600円
2.5 倍加算 :月額24,750円 年額297,000円
なお、「市町村民税所得割額」が304,200円以上の世帯では通常の授業料をご負担頂くことになります。
本校では、各学期ごと通常の授業料を振り込んで頂き、就学支援金の支給対象となる世帯につきましては、年度末(1月~ 2月を予定)に該当の金額を返金いたします。
就学支援金制度の詳細につきましては、文部科学省ホームページ新規ウィンドウ/タブで開きますでご確認ください。

奨学金制度について

公的な奨学金や授業料減免制度について教えてください。
公的な奨学金制度で最も利用されているのは、静岡県高等学校等教育資金による奨学金です(家計支持者が静岡県内に居住している方が対象)。貸与月額は自宅通学者は30,000円で、自宅外通学者は35,000円になります。申し込みをする場合には、学力基準と家計の基準を満たしたものが対象となり、毎年4月に募集します。神奈川県にも同様の奨学金制度があります。
公的制度で授業料を減免する制度があります。これは、主に、母子・父子家庭を対象としておりますが、就学支援金の2.0倍・2.5倍加算支給を受けたものも対象となります。一定の経済困窮状態にある者に対し高等学校授業料減免費交付要綱に基づき、一人当たり月額18,000円を上限として授業料減免をするものです(就学支援金申請後の6 ~ 7月の予定)。
どのような奨学金制度がありますか。
日本大学付属高等学校特待生
学業成績がきわめて優秀で品行方正な生徒は、日本大学特待生として授業料1年分相当の給付を受けることができます。
日本大学三島高等学校奨学金
就学の熱意があるにもかかわらず、家計の経済的理由により学費の支弁が著しく困難となり、学業の継続が難しくなった生徒に対して、「日本大学三島高等学校奨学基金」から給付されます。
日本大学三島後援会奨学金
日本大学三島後援会は、三島キャンパスの教育・研究その他の施策の具体化に協力し、三島キャンパスの発展振興に寄与することを目的とします。本後援会からは、学業成績や運動能力が特に優れている生徒、生活困窮状態にある生徒に奨学金が給付されます。