校長あいさつ

人生に夢をもて!そしてその夢の実現に努力せよ!

日本大学三島高等学校・中学校は、日本大学の付属校です。日本大学は明治政府の初代司法大臣であった山田顕義先生によって創設されました。学祖山田顕義先生は、14歳の時に吉田松陰先生の開いた松下村塾に学び始めます。その吉田松陰先生は、次のような言葉を残されています。

『 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。』

成功するためには、まず“夢”を持つことです。夢が無ければ、これから先どのような人生を送りたいのか、どのような人間になるべきか、という理想も生まれません。そして、理想が無ければ、それを実現するための計画を立てることもままなりません。さらには、計画が無ければ、実行は伴いません。何も実行しなければ、当然の如く成功は望めません。

本校は日本大学の教育理念である「自主創造」の気風のもと、「自由と規律」を重んじる教育を展開しています。日本大学三島高等学校・中学校での生活には沢山の自由があります。しかし、その自由も時と場合、行動によっては、単なるわがままに陥ってしまいます。皆さんには、これから多くの自由を謳歌していただきつつ、自己の心の中を深く見つめて、規律をもって学校生活を過ごしていただきたいと思います。

すでに夢がある人はその夢の実現に向けて、学校生活を過ごしていただきたいと思います。そして、未だ自身の夢が明確でない人は、日本大学三島高等学校・中学校で過ごす3年間もしくは6年間で、是非とも夢を持ち、その実現へと歩みを進めていただきたいと思います。

日本大学国際関係学部長 兼
日本大学三島高等学校・中学校 校長 渡邊 武一郎(わたなべ ぶいちろう)